本文へスキップ

小国高校の宝物Treasure of OGUNI SHS

「興学」の書

本校では、米沢藩第9代藩主 上杉冶憲(鷹山)公 直筆による「興学」掛軸を、学校の宝物として大事に所蔵しております。

上杉冶憲(鷹山)公 直筆 『興学』の掛軸


 〔掛軸本体の大きさ 幅89cm×縦260cm〕
 掛軸は、昭和35年(1960年)に当時本校の後援会長であり、学校医の羽田謙仁氏が、浜松市の古物商で偶然発見し買い取り、本校に寄贈されたものです。 その後昭和57年3月、小国町指定有形文化財第一号の指定を受けています。

小国町指定有形文化財 第一号の指定書

 
小国町指定有形文化財第一号の指定書
(昭和57年3月31日)

 昭和36年に開設され、平成22年に解体された「興学寮」(後に興学会館)の名称もこれに由来しております。
「興学」とは、学び研究し実践していく土壌を、力を合わせて盛りたてていこう、という意味です。これからも末長く、学校と小国町の宝物として大事に保存していきたいと思います。

  上 【 落 款 】「 明義宗徳卍壽元彊 」

 人の行うべき正しい道をはっきり見極め、 立派な人徳を崇ぶという意味。
下 【 藤冶憲印 】  藤原氏の後裔冶憲の意味。