本文へスキップ

インフォメーションinformation


「イングリッシュアドベンチャー」に参加!

ALT・小中学生と一緒に、英語でアドベンチャー
 7月31日(水)、沖庭小学校を会場にイングリッシュアドベンチャーが行われました。イングリッシュアドベンチャーは、小国町小中高一貫教育における国際分野の取り組みとして、毎年実施されております。
 このイベントの目的は、ALTとの交流を通して、国際理解を深めながら、学んだ英語を実際に使い、実践的なコミュニケーション能力をつけることです。
 さらに、英語を通して、町内小中高生の交流を図ろうと企画されております。


いよいよ「英語漬け」の一日がはじまります。

まずは全員でストリートダンスによる
アイスブレーキング
 昨年は、「創作英語劇」への取り組みを通して、実践的なコミュニケーション能力を育みながら国際理解を深めてきましたが、今回は「創作英語劇」に加え、「ヒップホップダンス」「テコンドー」「ドミノ&ゲーム」の計4分野を開設し、参加者の興味・関心に応じて選択できるようになりました。 本校からは、「ヒップホップダンス」に3名参加しました。  


ヒップホップダンスチーム発表会

ALTの先生方との語らい
(もちろん英語で!)

 ≪参加した1年生の感想≫

 ● 私は、小学校5年生からイングリッシュアドベンチャーに参加しています。今回のアドベンチャーが一番楽しかったと思います。
 私は、「ストリートダンス」を選択しヒップホップを初めて体験しました。ヒップホップは難しかったのですが、楽しみながら踊ることができました。また、機会があれば参加したいと思います。

 ● 私は、イングリッシュアドベンチャーに参加するのが、これで4回目です。毎年劇をしてたくさん英語に触れてきました。ですが、今年のアドベンチャーは選択制で、4つの分野から選ぶことができました。
 そして私は、「ダンス」を選びました。初めてダンスをして、ALTとの交流ができるかなと思いました。やってみるとALTにはダンスを教えてもらったり、教えてあげたり、とても楽しく交流することができました。
 また、ALTだけでなく、小学生とも仲良くなることができました。 このイングリッシュアドベンチャーでは、英語の力もつき、他校の子との交流もすることができたので、とてもいい機会になりました。来年も参加したいと思いました。

 ● 今回、イングリッシュアドベンチャーに参加してみて、はじめてのダンス体験ができました。
 また、ALTともたくさん話せたし、小・中学生の人たちとも友達になれ、とてもいい機会になったと思います。来年も、ぜひ行きたいです。

 多くのALTの協力のもと、地域の小中高の児童・生徒が一緒になって、英語力やコミュニケーション力を高めようという活動は、生徒にとっても貴重な体験となります。
 参加する生徒は、年長者として小中学生の支援をし、自分の役割を考えて活動する必要があります。
 さらに今回は、体を動かしながらの活動で、思いっきりよくそして、より楽しく英語を使える体験となりました。