本文へスキップ

インフォメーションinformation

2学年 アメリカロサンゼルス修学旅行記 その2

修学旅行2日目の様子をお伝えします。
2日目
 初日のホテルの朝食は、マフィンやシリアル、スクランブルエッグ、ベーコン、サラダ、フルーツなど。しっかり朝ごはんを食べて、ベニス高校との交流会に向けてエネルギーをチャージしました!
【ベニス高校との文化交流】
 修学旅行のメインイベントであるベニス高校との交流会。同じ高校生との交流は、アメリカの社会や文化を理解するとともに、日本の社会や文化も考える機会になります。この日のために、たくさんの時間をかけて準備を進め、今年度は、応援(エール)、小国音頭を披露しました。また、日本文化を伝えるため、けん玉やコマ、折り紙、和紙、習字、アニメなどを用意し、交流を深めました。 


いよいよベニス高校に到着!


修学旅行実行委員長の挨拶


今年度ベニス高校からいただいた贈り物


毎年、互いに文化交流の記念品を贈り合っています
(本校事務室前)


応援(エール)の披露


小国音頭(ヒップホップバージョン)の披露


一緒に小国音頭を踊ってくれました


グループ間交流がスタート!まずは自己紹介から



このグループは一緒に折り紙をしました


一生の思い出になりました
ベニス高校のみんなありがとう!
 楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、お別れの時間となっていました。最初は緊張していましたが、時間が経つにつれて打ち解け、最後には全員で別れを惜しみました。ベニス高校の皆さんは、私たちのバスが見えなくなるまで手を振ってくれました。中には、走ってバスを追いかけて手を振ってくれる人もいました。この素敵な出会いに感謝です。
【サンタモニカビーチ】
 その後、サンタモニカで海辺を見ながらみんなで昼食をとりました。しかし、11月とは思えないほど良い天候でした。このとき小国町では雪が降っていたというのに…。



有名なルート66の最終地点!


昼食はチーズハンバーガーセット!
とにかく量が多い!
【ゲティ・センター】
 ゲティ・センターは、石油王のJ・ポール・ゲッティが収集した膨大なコレクションを展示する美術館です。有名な建築家リチャード・マイヤー氏が設計し、見晴らしの良い小高い丘に建っています。


ゲティ・センター到着


ゴッホの『アイリス』


天気も景色も良くて有意義な時間でした 
 修学旅行2日目も天候に恵まれ、快適に過ごすことができました。バス移動の際のフリーウェイの混雑ぶりは、ロサンゼルスならではのものです。
 今日はたくさんの出会いがあり、特に充実した日となりました。
 (その3に続く・・・)