本文へスキップ

インフォメーションinformation


ブリティッシュ・ヒルズ英語宿泊研修報告

ブリティッシュ・ヒルズ(福島県)
 1日目
 11月16日(木)〜17日(金)の2日間、福島県にあるブリティッシュ・ヒルズに英語宿泊研修に行ってきました。  
  小雪の中、学校を出発。道中、葉が落ちきった木々に初冬を感じながらもブリティッシュ・ヒルズ(以下BH)に到着。楽しみにしていた生徒は重厚で荘厳な雰囲気にやや興奮気味です。
 チェックインの手続きでは、英語での説明に戸惑いながらも、講師の先生のテンポ良い挨拶に生徒の気持ちも盛り上がり、BHでの研修がスムーズにスタートしました。
 
 1つ目のレッスンは「Survival English」それぞれの先生方が巧みにリードしてくださり、英語が苦手な生徒でも楽しくレッスンを受けることができました。ゲームをしながら基本となる質問の仕方や表現を楽しく学ぶことができました。
 
 レッスン後はダイニングホールでの夕食。比較的カジュアルな雰囲気でのディナーでお腹もいっぱいになりました。
 
 フリータイムでは、小雪が降る中ではありましたが黒いマントを羽織り、マナーハウス前のイルミネーションを楽しんだり、Ye ShopやPubなどに行ったりと思い思いに過ごすことができました。Ye Shopではブリティッシュ・ヒルズ限定のストラップやイギリスのお菓子など、外国を感じさせるたくさんの商品がありました。会計をするときはもちろん英語です。Pubでは、英語で飲みたいものや食べたいものを注文しました。また、ダーツやカードゲームもすることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
 
2日目
 前日の雪で底冷えするも、全員予定通り朝の準備を済ませ、リフェクトリーでの朝食をとりました。英語での説明にも戸惑うことなく、リラックスして英語漬けにも慣れた様子です。 チェックアウトでもスマートに英語でお礼の挨拶。通じたことを実感し喜ぶ姿も見られました。 2つ目のレッスンは、英語に親しむための「Fun With Language」と、異文化を学ぶ「Culture and Manners」。生徒は片言の英語であっても講師の先生がフォローして下さるおかげで自信をつけることができました。
 
 レッスン後は若干のフリータイムを利用し、ショッピングや記念写真撮影に大忙し。お土産と荷物をバスに積み込み、お世話になったスタッフの皆さんに温かく見送っていただきBHを後にしました。
   
 生徒はレッスン以外でも積極的に英語で挨拶をかわすなど、BH独特の雰囲気を大いに活用し楽しんでいました。英語に自信をつけた充実した研修となりました。