本文へスキップ

インフォメーションinformation

インターネットを正しく使おう

 7月6日(木)全校集会内で「正しく怖がるインターネット」と題し、インターネット被害防止を目的とした講座が開かれました。

鈴木教頭先生よりインターネット上で起きた実際の炎上事例から問題を整理し「適切なふるまい」や「安全な使い方」について教えていただきました。
 
・インターネット上で炎上事件を起こすと今後の人生は大きく変わってしまう恐れがある。
・限られたメンバーにしか見られないと思っているやりとりは、実は世界中に拡散されている事もある。
・インターネットでは匿名が通用する、という勘違いが危険を引き起こす。

など「ネット上で求められるモラルは日常生活と変わらない」ということを全校生徒で再確認しました。