本文へスキップ

インフォメーションinformation

救急法講習会 緊急時の対応方法を学ぶ

 6月26日(月)1年生が、小国消防署で心肺蘇生法、AEDの使い方を学びました。
 西置賜行政組合消防署小国分署において、署員の皆さんを講師として、1年生を対象にした救急法講習会が行われました。
 災害や事故等に遭遇した際の応急処置について、必要な知識と実技を学ぶことができました。


人命を左右しかねない救急法
その説明を真剣に聞く1年生


救急処置の実技風景
 胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの使い方などの救命処置法について、実技を交えながら学びました。人を助けるためには、声をかける勇気や実際に手を当てる(手当てする)勇気をもつことが大切であること、つまり「勇気を出すことから救命が始まること」を教えていただきました。
 災害や事故における怪我や病気など、いつでも起こりうることに対して、いざという時に速やかに使えるようにと、全員が真剣に取り組みました。