本文へスキップ

インフォメーションinformation

聞き書き甲子園

 この度、聞き書き甲子園 に、本校1年 戸田李果さんが県の推薦を経て100名(「森の名手・名人」への聞き書き80名・「海・川の名人」20名への聞き書き)の参加枠に採用されました。
「聞き書き甲子園」とは?

「聞き書き甲子園」は農林水産省、文部科学省、環境庁、社団法人国土緑化推進機構、社団法人全国漁港漁場協会、全国内水面漁業協同組合連合会、NPO法人共存の森ネットワークの7者からなる実行委員会が主催するプロジェクトです。毎年、日本全国の高校生100名 が参加します。高校生達は、森と関わるさまざまな職種の「森や海の名手・名人」を訪ね、一対一で「聞き書き」を行います。

「聞き書き」とは?

 話し手の言葉を録音し、一字一句すべてを書き起こして、文章にまとめる手法です。仕上がった文章からは、話し手の語り口や人柄が浮かび上がります。この「聞き書き」を通して、参加高校生は名人の持つ知恵や技、その生きざまやものの考え方を学び、 受けとめることになります。

 戸田李果さんは今後、8月に行われる東京での事前宿泊研修に参加し、9月〜12月に「聞き取り取材」・「レポート作成」の後、来年3月のフォーラムにて成果を発表することになります。
 なお、聞き書き甲子園の公式ホームページでは、より詳しい内容が 掲載されています。

森の聞き書き甲子園 公式サイト(外部サイトへ接続) → www.foxfire-japan.com/index.html