本文へスキップ

コミュニティ・スクールCommunity School

1 コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度について)
 輝く子供たちの未来の創造に向けて、学校と地域がパートナーとして連携・協働による取組を進めていくためには、学校と地域住民等が「地域でどのような子供たちを育てるのか」、「何を実現していくのか」という目標やビジョンを共有することが重要です。
 コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)は、学校と地域住民等が力を合わせて学校の運営に取り組むことが可能となる「地域と共にある学校」への転換を図るための有効な仕組みです。コミュニティ・スクールでは、学校運営に地域の声を生かし、地域と一体となって特色ある学校づくりを進めていくことができます。
(文部科学省 コミュニティ・スクール2017〜地域とともにある学校づくりを目指して〜 より抜粋)
2 小国高等学校の学校運営協議会制度導入のねらい
 平成13年から6年間、文部科学省の中高一貫教育開発校の指定を受け、「国際・情報」を柱とする、地域の子どもを地域が育てる教育の在り方と小中高及び地域の連携の在り方について研究を進めてきました。平成19年度以降も小国町をあげて連携型一貫教育を推進しており、小中学生及び保護者さらには地域住民の理解を深める取り組みを行いながら、よりよい連携のあり方を研究するとともに特色ある活動を実践しています。
 学校運営協議会制度を取り入れることにより、小国町や小国町教育委員会、小中学校との連携をより一層強化し、保護者や地域住民が職種や世代を越えて教育に係わる体制を整え、学校運営の改善と地域全体の教育力の向上を図ることを目指します。
3 学校運営協議会委員
 校長を含め14名で構成されています。 元小国町小学校長(学校運営協議会会長)、山形大学准教授、町内企業社長、町内企業会長(本校同窓会長)、中学校運営協議会委員、元本校後援会長、現本校PTA会長、現本校PTA副会長、現本校後援会長、小・中学校保護者、小国町教育委員会教育振興課長、小国町役場総務企画課長、小国町商工会事務局長
4 平成29年度の取組
5 小国町合同学校運営協議会
 小中高4つの学校運営協議会の代表で組織し、各学校運営協議会での取組等について情報交換や協議を行います。また、小国町教育プラットフォーム推進機関として、白い森おぐに保小中高一貫教育を地域で支える方策や小国の子どもの育ちについて総合的に協議します。
6 白い森地域学校協働本部
 白い森子ども応援隊が組織されています。地域の特性を活かした体験学習プログラムの提供など、地域の力によって子どもたちの豊かな学びを支えると共に、家庭教育支援にも努めます。 小国高校へは、白い森学習支援センターの事業として、外部模擬試験受験・大学受験英語集中講座・行政講話・小論文講座・数学個別指導講座等の支援があります。